セラミックブリッジ

セラミックでのブリッジの治療

 

1本から複数の欠損歯を補う、連結した被せ物をブリッジと呼びます。 欠損した歯の本数や位置によって、ブリッジの設計は変わります。

ブリッジで補う歯は3本分から、さらに複数本分に及ぶため、金属で製作した場合と、セラミックで製作した場合の差が出やすい治療でもあります。

ブリッジで使われるセラミックについて

ブリッジには噛む度にかなりの負荷がかかるため、セラミックの中でも強度の高いもの、もしくは、内側を金属で補強したもの(メタルボンド)などで製作するのが適しています。

>>高強度なセラミック「ジルコニア」について
>>メタルボンド:クラウンのページをご参照下さい。

ブリッジの特徴

良好なブリッジのためには、ブリッジを支える健康な2本から数本の歯が必要です。 健康な歯を、ブリッジを装着できる形状に削り、連結冠を被せます。

装着するブリッジには、噛んでも割れないようにするために、ある程度の厚みが必要です。その厚みの分だけ削ることになるので、もとの歯の形状と比べると、かなり小さな状態になることは否めません。

削って支えとする歯は、残念ですが、削る前の状態よりは弱くなりますし、欠損歯の分まで噛む力の負担がかかるため、支えにしなかった場合よりは、歯の寿命は短くなる傾向があります。

ブリッジ以外の選択肢

歯の根のない部分(歯が抜けた部分)を補うのに、ブリッジではない治療法を選ぶとしたら、部分入れ歯かインプラントのどちらかになります。

インプラント

インプラントの場合は、歯を支える顎に人工の歯根を埋入して、それを支えとする人工歯を装着する治療法です。 ブリッジとの違いは、健康な歯を支えとするために削らなくて良いという点です。

部分入れ歯

部分入れ歯の場合は、様々な材質と形状のものがあります。そのため、抜けた歯の位置、残った歯や顎の骨の状態などによって、様々な材質や形状から、その方に適した治療計画をご提案することになります。

歯を抜かなくてはいけなくなった方、歯を無くしてお困りの方、どのような治療がご自分に適しているかお考え中の方は、どうぞお気軽にご相談ください。 経験豊富な歯科医師が、お口の状態とご本人のご希望に応じて、治療を行います。

ご予約・お問い合わせ

03-5537-0335

年中無休
Web予約はこちら

【平日】 10:00〜19:00

【土日祝】9:00〜18:00

関連メニュー


注目コンテンツ

感染予防、滅菌システム
EU最高基準を満たす滅菌器で患者様ごとに滅菌
メディア出演、掲載
当院が取材を受け放送、掲載された記事
インプラント
経験豊富な歯科医師による安心の治療
審美歯科
美しく歯を整える審美歯科治療について

ご予約・お問い合わせ

03-5537-0335

年中無休
Web予約はこちら

【平日】 10:00〜19:00

【土日祝】9:00〜18:00

new Facebookページ開設いたしました




pagetop